--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-14

分かれ道

ここ数日の間の大量の雨で、畑の野菜が気になって、今日、雨と雨のわずかな隙に、畑を見に行きました。
大きく成長したトマトなんかは、茎が5円玉くらいの太さがあるので、大丈夫だろうと思ったのですが、それでもものすごい豪雨だったので、折れていないか心配もありました。
実もすっかり赤くなっていたので、収穫しました(^-^)♪

DVC00003.jpg

DVC00001.jpg

さて、先週くらいに芽を出した小豆や黒豆の苗はどうでしょう?
茎の太さは、つまようじくらいしかありません。根もまだ十分には張っていないはず(´~`;)
「よかった~」

DVC00006.jpg

不思議だな~。細い細い茎なのに、この豪雨に負けず折れないなんて…
生命力の成せる技(☆O☆)!!
細~い糸のような数本の根が、細いのに、数日の豪雨にも負けない枝を支えたと思うと、感動ものです。
葉っぱも、そうです。
この雨だと、紙はボロボロ。ビニールだってめくれあがってしまうでしょう。
やはり、支えているのは、生命力。
正体は、目に見えない不思議なエネルギーです。

普通、スーパーで売っている果物や野菜は、長い間放っておくと、腐ります。
でも、無農薬で育てた野菜は、腐るより枯れていくそうです。
残念ながら、私は、実験をする前に食べてしまうのでこの眼で確かめたことはないのですが、育ち方で、腐るか枯れるかが違ってくるというのは、おもしろい話だな~と思います。
温度や管理状態によっても違ってくるとは思いますが、上記は同じ条件での実験結果だそうです。

科学的に言うと、菌が発生しやすいか、しにくいかの違いなのかな~と、素人的に思うのですが…
人間で言うと、田舎で育った子は比較的体が(菌などに)強い。都会育ちの子は比較的体が(菌などに)弱い。みたいなもんでしょうか?

私も、毎日いただく食材の9割は、お店で買っていますから、なかなか無農薬のものは口に頂くことは難しいですが、自然の中で育ったものは、本当に「生命力」をいただいた気分になります。単純なのかな~

大豆なんかは、放って置いたら、カサカサになりますが、ワラに包むと菌が繁殖しやすく、納豆になり、麴と寝かせると、味噌になります。

今年3月に漬けた味噌
DVC00007.jpg
そろそろ食べごろかな~

牛乳は、放って置いたら腐りますが、ヨーグルトの菌で発酵させると、ヨーグルトになります。
「腐る」と「発酵」の違いも微妙ですよね~(◎ ◎;)
分かれ道は、人にとって有害か無害かの判断によるみたいですよ~。

友達にもらって、ヨーグルトも家で作っているのですが、ヨーグルトと味噌に関しては、始めて食べるのには、ちょっぴり勇気がいりました。上手く「発酵」できていれば、無害ですが、「腐敗」に傾いていれば、トイレとお友達状態になってしまうからです。へたをすると病院にかけこまなくてはいけません。

食物を保存したり、栄養価を高めたりする方法が伝えられ、その方法にしたがって行えば、安全に口にすることができますが、昔の人は菌との付き合い方を熟知されていたんですね。つまりは、自然の中に生かされていることをよくわかっていたために、このような知恵を見出されたのでしょう。

「腐敗」も「発酵」も、自然の理。単なる出来事。
世の中に、有害か有益かは、基準があってないようなもの。
人の存在というのも、そんなものなのかな~




























スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。