--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-17

宝もの箱

施術を受けにお越しいただく方の中に、腸の不調で悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。
腸が張る。便秘気味~頑固な便秘。ガスが貯まる。緊張するとお腹が痛くなる…

私の頭の中で腸は、宝もの箱のようなものに思えてなりません。
腸の状態が、その方の抱えている問題や、古くから引きずっている出来事や感情を、とても現実に近く表現しているな~と感じるからです。
そう表現すれば、どの臓器にも、そのことが言えるような気がしますが、東洋医学では、
肝・胆は、「怒」
心・小腸は、「喜」
胃・脾は、「思」
肺・腸は、「悲」
腎・膀胱は、「恐」
などと言いますね。
まぁ、それぞれに、それなりに臓器は、こういった感情と関係性が高いようですが、自分の身に置き換え考えてみたところで、ピンときにくいものですけどね~。

腸の話に戻りますが、調子があまり良くないと心当たりのある方は、自分の今の心の状態を振り返って考えてみてください。
古くから引きずっている問題や、感情、親子関係、人間関係、お金の使い方、部屋の状態など(*O*)…ないかな~?
それらが、腸の状態と関係が深いと感じるのですが…

気功の施術では、それらの感情のエネルギー体に。整体では、腸に直接アプローチしますので、徐々に楽になられるようですが、正直、1度でスッキリ!という具合にはいきにくいです。

もしあなたが健康を望むなら、あなたは病気の原因を取り除くための
心の準備ができていなくてはならない。
その時、はじめて、私はあなたを助けることができる。
                     ヒポクラテス


古代ギリシャの医聖の言葉ですが、やはり、心と身体は、別々だとは考えにくく思います。

腸の中を、アルバムを開くように覗いてみると、辛かったことや、悲しかったこと、いまだに納得のいかないこと、ズルズル後回しになっていることなどが、大事にしまわれているように思います。
これらは、「手放したい」と思う心と裏腹に、実は「手放したくない」と思う心が存在していることが多く思われます。
大切なアルバムや宝もの箱の中身は、なかなか手放せない深い深い「思い」のものがありますが、大切なのは、その「思い」ではなく、「経験」だと思います。私も偉そうなことは言えませんが、そろそろいい加減に、宝もの箱の中を空っぽにしたいな~と思う今日この頃です。








 























スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。