--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-20

さようなら~

「ありがとう~」
毎日、便器と、う○ちさんに、感謝です。

捨てる。流す。出す。は、幸せな毎日を送る必須条件だそうです。

私は、毎日、快便快腸なので、普段はあまり便秘で苦しい思いをすることが無いのですが、いつもとペースが違う朝(早朝から外出など)を迎えると、出そびれたりを経験します。
1度出しそびれると、次に機会を失って、その日1日は、出なかったり、やっと出ても、なんだかスッキリ出なかったり、思うほど出なかったり、便って意外とシビアだな~って思います。
薬を飲まないと出ない方や、浣腸をしないと出ない方も、結構いらっしゃるそうですね~。

我が家では、犬を2匹飼っているのですが(5歳のオスと4歳のメス)、この間、生まれて初めて、違う種類のドッグフードをあげてみました。半ねりタイプだったので、珍しかったのか、美味しいのか、ガツガツ食べてしまい、いつもより少しあげすぎてしまいました。 お皿が空っぽになると、お皿をくわえてきて、おかわりを要求するもんで、ついついあげすぎちゃったんですね~ すると、次の日の朝、とんでもないことになっていました。手ではつかめないほどの柔らかい、ソフトクリーム状のウンチが、そこらじゅうに散乱でした。おまけに、キレが悪く、肛門にペットリついてしまい、何度拭いても又ペットリ…を繰り返し、結局、肛門周りの毛をカットしたのですが、犬としても、今リアルに肛門に神経が集中している所にはさみを向けられたもんだから、しっぽの筋肉を全力で緊張させて、肛門を守ろうとして隠すもんだから、しっぽにウンチは付くは、お尻を切りそうになるは、臭うはで、大変な騒動でした。
下痢も大変ですよね~

でも、出すことが出来るから、入れることが出来るわけで、出口を詰まらせてしまうと、良いことはなさそうですね。

時間制のパビリオンにしても、バーゲン会場にしても、家の生ゴミにしても、古くなった服にしても、便にしても、出さないと、入らないですもんね。それらを出さずに入れていってばかりしていたら、とんでもない状態が想像できます。

そこで、またまた「心」の話になってしまうのですが、私たちの心の中には、消化不良のものがたまってしまっているみたいです。
失礼しましたm(--)m
全員と言うわけではなさそうですが、過去のトラウマや過去の栄光、過去の経験、習慣…
それらの大部分が、心の奥深く「潜在意識」という領域にインプットされているそうです。
個人が歩んできた歴史を、「消化不良」よばわりすると叱られてしまいそうですが、心の9割以上を占領している「潜在意識」に残留している記憶が、心を大きく支配し、物事の良し悪しを判断しているようです。簡単に言えば、ものごとを見る「ものさし」です。

「潜在意識」を掃除することによって、「ものさし」の基準が変わります。
もっともっと掃除をすると、「ものさし」自体がなくなります。
「ものさし」によって、人を「好きだ」とか「嫌い」だとか判断します。
「ものさし」によって、「運がついている」「ついていない」を判断します。
「ものさし」によって、「あの人は偉い」「あの人は偉くない」を判断したりします。
「ものさし」によって、「綺麗だ」「醜い」を決めたりします。

「ものさし」は、時に、「常識」とか「一般的」とか「社会的」なものに代用されます。
物事をうまく運ぶ上で、便利なときもあります。
でも、自分の心は、常にクリアな状態で、真実を見る目を養いたいと思います。
「ものさし」の目盛が精密だと、自分の行動、人の行動、言動、世の中の出来事が許せなかったり、納得いかないことが、繊細に膨大に感じられてしまったりします。
それらの目盛を作りあげるのは、潜在意識にある記憶です。

私は、「いやなこと」「悲しかったこと」「悔しかったこと」「辛かったこと」「腹が立ったこと」トイレに全部流すようにしています。

「流れるわけない!」と思いますよね(^^)!
「そんな簡単に、この辛い思いが、忘れられるわけがない!」って。
忘れられないのではなく、本当は「忘れたくない」自分がいるんだと思います。
トイレに流しても、また探して取り戻してしまう自分です。

まっ、深く考えずに、う○ちさんと一緒に「ありがとう~」と、嫌なことも流してもらっています。
ちなみに、長年心の中を占領していた思いに、おさらばできると、便も快調に出やすくなるみたいですよ!








スポンサーサイト

テーマ : 日常
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。