--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-15

アバター

先日子供と、映画「アバター」を見に行きました。
子供には難しいかな~?と思いましたが、終了後はしっかり泣いていたので、なにかしら感じた部分はあったようです。私的には、宮崎駿さんの作品と似た世界を感じましたが、感じ方は十人十色でしょうね~。

「アバター」というのは、宇宙の他の星の生命体のような存在でしたが、人間に姿かたちは似ていますが、緑色のBODYで、人間よりも一まわり大きく、しっぽが生えていました。また、人間はアバターが住む環境では呼吸が出来ず、呼吸器をつけるか、アバターのBODYにリンク(仮面ライダーのような状態)するか。の2つの方法しかありません。人間はアバターの世界に存在する一握りで大金を手に出来るという石を採掘するため、アバターにリンクし、アバターに近づき情報を得て…という中での、心の変化や、人間というものの生き方を考えさせられる作品でした。

この映画を見たあと、私たち親子が共通して思ったことが、「もしかしたら私もアバターかもしれない?」ということでした。共通の感性に驚いたのですが、子供が言うには、実際の生活の中でも、本当の自分と、自分をコントロールする誰かを感じるというようなことです。「この子の感性は凄いかも?!」と思いましたが、内容を聞いてみると、「めいいっぱい遊んでるのが自分で、宿題に追われている別の自分がいて、第二の自分に宿題を預けてできたらな~と思う」なんて、単なるマンガのような発想でした(^^;)

自分は、本来目的を持ってこの世に生まれてきたにちがいないと思ったことはありませんか~?前にもブログに書きましたが、私は、この自分の体を借り物として考えているのです。
死んだら魂がどうのこうの~って言うのもな~んとなく信じますし、正夢(寝ている間に未来に散歩する)なんてこともあるのかもな~なんてことも思うのですが、ま~毎日忙しい世の中で生きていては、そんなことは、どうでもいいような話かな~

映画の「アバター」の主人公は、「人間」と「アバターという生命体のBODY」を行ったり来たりするのですが、ちょうど仮面ライダーの変身前の「人間」と変身後の「仮面ライダー」といった感じですが、あるとき、どっちが自分なのかわからなくなっていくんですね。本来人間なのですが、アバターを体験するうちに、「本当の自分がどっちだか、わからなくなってきた。」と言うシーンがあります。でも、これって、あるかもな?と思いました。
些細なことでは、家での自分と会社での自分。
一人の時の自分と、大勢の中での自分。
悲しんでいる自分と、悲しんでいる自分を見ている自分。など…

どっちが本当の自分なんでしょうね~ よく「自分探しの旅に出る」なんてこともあるようですが(^-^)♪なんで、旅に出ないとわからないの~?旅に出て、自分がみつかるの~?自分なんか、ここに居るのに誰を探しに行くの~って感じですよけども、きっと日常に追われるような生活の中では、なかなか自分らしさを忘れてしまいがちなんですね~。世の中の常識、しきたり、文化、規則、「こうあるべき」という考えのなかで、それに従って生きていかないと変人扱いですもんね~(^^;)。旅に出ることによって、ある種の枠から出れば、自分らしさが見つかるかも!っていう発想なんでしょうかね~。

まあ~でも万人が、旅に出れるわけでもありませんし、自分探しをしなくちゃいけないこともないのですが、「(常識などに)とらわれた世界」にのみ、身をまかせて生きるのは、つまらないかな~と思うのです。
常識の中で生きなければいけない自分と、常識の枠外での自分を行ったり来たり旅するのは、「とらわれた考えの世界」から、抜け出せる方法なんじゃないかと思います。 
つまり、会社で仕事に追われて苦しんでいる自分と、「あ~自分って会社の仕事に追われているんだな~」と客観視する自分。現実逃避ではありません。状況や感情に巻き込まれないということです。これにまんまと巻き込まれてしまい、それが大部分を占めてしまうと、過労、うつ、不眠、などになりかねません。大体巻き込まれるような時は、心や身体が忙しすぎたり、感情がオーバーワークしてしまい、自分の位置が分からなくなった時なんですね。仕事の追われる自分が、本当の自分になってしまい、本来の自分が忘れ去られた状態です。(とらわれた世界>自分[魂])

「心と身体のGPS」
どんな環境に、どんな状況に位置しようと、自分の心の動きに惑わされず、時にはアバターor仮面ライダー感覚で、困難を乗り切ってみてはどうかな~





スポンサーサイト
プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。