--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-23

欲と抑

先日、日本のオリンピック出場選手のコメントで、「僕は、100円を、1万円だと思って使うんです。」とおっしゃっていました。前後の質問は、聞いていなかったので、なぜそんな話題になったのかは、わからなかったのですが、「へ~ぇ」と思って想像してしまいました。

もし、1枚100円のチョコレートを買う時に、1万円出す気持ちだったら…?
チョコ買うのためらうな~(´~`;)いや、買わないかな~。「それって経済の流れ的にどうかな~?」なんて…

でも、逆にお金を頂くとき!
給料日や、ボーナス、報酬を頂いた時などは、どうでしょう?
めちゃめちゃ大金を頂いた気分になるな~!(^o^)!すげ~~!!

きっと、当たり前じゃなく、すべてに感謝している生活を送っておられる気持ちのコメントだったんだろうな~。と思いました(^-^)

フィギア男子で、銅メダルを獲得した高橋選手の、ここまでの秘話が新聞に書かれていましたが、少年の頃、当時1時間スケートリンクを貸し切るのに2万円かかったため、スクールの運営が難しく、関係者の方が大変ご苦労されたとか…そんな時に毎月のように1万円、寄付を贈ってくださる方がいらっしゃったらしく、その方は、住所も名前もわからず、イニシャルだけしか書かずに、数年間応援を続けてくださったとか。しゃれた方がいらっしゃるんですね~。

選手たちは、「支えてくださった、沢山の方々のおかげです」とおっしゃいますが、本当に、ひしひしと感謝されて、今日まで努力されてきたんでしょうね~。
そして、陰や日向で支えて来られた方たちも、本人に負けず劣らず喜びはひとしおだと思います。☆☆☆

あの舞台に立つ方たちは、特別な人たちにも見えますが、感性は平等です。

今、日本は世界において、金メダル級の大借金大国になっている。と報道されたりしています。
豊かになりすぎて、人やモノやお金に対しての感謝の気持ちが薄れてしまった結果でしょうか。

子供の頃、お年玉を1千円もらえば喜んだのに、5千円、1万円なんて貰うことがあると、次に1千円貰った時には、恥かしながら、「少なっ」と思った経験があります。
労働経験のある大人であれば、金額、気持ち、などの重みを理解できますが、人間誰しも、そんなこんなを理解して生まれてこないんですね~。

赤ん坊は、産まれた瞬間から、「欲しい」を持って産まれてきます。
教えてもいないのに、「お母さんのぬくもり」「ミルク」「だっこ」「快適」を求めます。
「欲しい」は、本能として持って生まれるもののようです。
そして、「欲しい」を、我慢してみたり、満たしてみたり、与えられたり、今度は、与えてみたりしながら、幸せや喜びを経験していくんですね。
もちろん、いい経験ばかりではありません。卑屈になったり、奪い取ることを考えたり…
どっちが幸せかな~って考えると、前者の方が幸せそうかな♪

そんな風に、いつでも誰でも「幸せだな~」って思えれば、苦労はしないんだけど、人間そうは単純にいかないときもありますからね~。
100円を1万円と思うように、小さいことでも、心の中で「ありがとう」とささやくといいんですって。
例えば、コンビニで、お箸をつけてくれた。「ありがとう」
お母さん、食器運んでくれて、「ありがとう」って、それまで、当然だったことでも。

はじめは馬鹿馬鹿しいかもしれませんが、そのうち、100円が105円くらいの価値に思えてきて(実際のお金ではなく、気持ちのこと)、そのうち1000円、1万円…と、些細なことでも、幸せに感じるようになります。幸せ感知レベルを精度に設定し直す感じかな。大事なポイントは、続けること!! 
オリンピック選手は、続けてこられた結果ですからね~。スケールが違うって?
でもでも、やはり感性は平等です。

「欲しいな~」「もっともっと欲しい|」「欲しくて我慢できない」と思って過ごすより、「幸せだな~」「ありがたいな~」と思って過ごす方が、体にもいいみたいですし、地球にもいいんじゃないかな~
欲望に支配されるお金の使い方ではなくて、欲望を支配し、お金を有意義に使えるほうが、人生は、楽しいように思います。



スポンサーサイト

2010-02-18

塩(スパイス)

まだまだ、寒い日が続きますね~。
外で過ごした日などは、お風呂に入ると「ジ~~ン」としびれる感じがします。「あ~~~熱いっ!」なんて最初は、痛いんだか熱いんだか、実際はよくわからない感覚なんだけど、まぁ~深く考えることもなく、しばらく「気持ちいいな~」なんて…、 数分経つと、意外とぬるい?(^^;)。みたいなことがよくあります。

また、私は朝、1つの洗面器に水、もう1つの洗面器に湯をはり、右足を水。左足をお湯につけます。気の流れを活発にする等、諸々で実践していることなのですが、浸けること10分。今の季節では、本来冷たい床ですが、お湯に浸けていた左足は、床はやはり冷たく感じられます。ところが、水に浸けていた右足。これは、冷たいはずの床が、不思議と温かく感じられるのです。人間の感覚って、おもしろいな~と思います。

子供の頃などに、腕に注射を打たれる際に、目をつぶって足をつねったりすると、注射が痛くないよ~なんてことも耳にしました。これは又おもしろく、体に感じる痛みの感覚をごまかしてしまう方法ですね。

ぜんざいを作る時には、甘みを引き立たせるために、塩を少し入れますね~。それ以外の料理にも、甘みを出す際に、塩を入れることがあります。また、居酒屋さんなどに行って、辛い料理などを食べると、ぐんぐんお酒が進む♪なんてことも(*^0^;)人間の味覚も、おもしろいな~と思います。

感じ方なんて言うのは、結構、その時その時の状態によって、気まぐれなもんだな~と思います。
「熱い」と思ったり、「痛い」と思ったり、「冷たい」と感じたり、「甘い」と感じたり… ホントは、いったいどっち?どっちなんだ???みたいな(◎0◎;)

どっちでも、いいことなんですよね~(^-^)

だいたい、「無い」ところに、「在る」を造っているんですよね。甘みを塩で引きたてたり、お酒を辛味ですすめたり、人生にもあると思います。さて、この感覚。日常に生かせたら、便利なんじゃないかな~!(^-^)!なんて思うんです。
例えば、「悲しいな~」なんて泣いているときに、友達や兄弟に励まされたり笑かされ、急に「笑い♪」に変わっちゃった経験がありませんか? 「あれ?なんで泣いてたんだっけ?」みたいな(^0^)?
それから、「目が大きくてかわいいな~」とか、「鼻が高くてかっこいいな~」の外見。
「優しい人だな~」とか、「いつも話が豊富で場を盛り上げる楽しい人だな~」なんてことも、ず~っと一緒に居れば、「目」や「鼻」の大きさや高さなんてどうでもよっかたり、「優しさ」も優柔不断だったよ~とか、楽しいけど、少し静かにしてほしいとか…(^^;) まぁ、これらもみ~~んな、気まぐれな人間の「思い」で、見事にころころ変わるもんなんですよね~。
これを、日常に生かす!というか、日常において、自覚する!ように心がけると、「心」にあまり振り回されずにすむんじゃないかな~と思います。「今」は、こうだけど、そのうち変わっていく自分の「思い」をみつめてみるんです。
本来「無い」ものを心が造り上げているという自覚です。

どっぷり状況に浸ってしまえば、やはり状況に溺れてしまいますからね~。これは、いわゆるお酒をついつい、おつまみによって、どっぷり飲んじゃうパターンと似てます。お酒→おつまみ→お酒→おつまみ→お酒…と、わかっちゃいるけど、(味覚の誘惑に騙されて?)繰り返しはまってしまうパターンですね。
ただし、楽しくお酒を飲む際には、常に自覚していたら、つまらないと思うので、ご注意ください。
「あ~私は、酔っぱらうために、このおつまみに手をだしているんだな~」「あ~またまた、このつまみにやられて、酒がすすんじゃうよ~」なんて、それではつまらないですからねっ(^^;)。楽しむときは、楽しまないとね~♪♪♪

「辛いな~」と感じる時には、「ぜんざい」の「塩」のように、「これは、人生の味を深めるためのスパイス(塩)なんだな~」なんて、冷静に自覚できたら… 
また、冷たい床が温かく感じるのは、冷たい水のおかげなんだ!って思えたら…
少し楽にならないかな~(^-^)♪







2010-02-13

バレンタイン

明日は、バレンタインデーですね♪
我が家の冷蔵庫は、2人の娘が作ったチョコの在庫でいっぱいです(◎0◎;)

最近は、「友チョコ」が主流となっているそうで、友達や先輩にも贈るそうなので、そこらじゅうチョコだらけです。
なんだか、仲がいいお友達には、チョコを渡さないといけない!!そんなような風潮さえ感じられます。
ただ、チョコを作ったり、沢山のお友達にプレゼントすることを、子供たちはすごく楽しんでいるので、だま~って見ているのですが、子供の心は、本当に自由だな~と思います(^-^)♪

子供の心は、自分を楽しませることが得意です。
自分の好きなことを自分の為にすることが得意です。
ところが大人は、大人への階段を上がるうちに、自分が素直にどうしたいのか、自分の喜ぶことが何なのか、なんとなくわからなくなってしまったりするときがあるんですね~。
友達にしても、恋人にしても、先輩にしても、お世話になっている人にしても、それぞれに好意や感謝の気持ちを持って、チョコなどを贈ると思うのですが、自分自身に対しては、一体どれほど好意や感謝を持っているのか?と思うのです。

例えば、部屋の掃除。
普段は、それなりにやっているけど、来客が見えるとなると、いつもよりは頑張って掃除をする。これって、わりと普通の行動?と思っていたのですが、この差が極端なほど、これって自分より、他人優位と思っているからじゃないかな~と思うのです。
自分が過ごす環境は、本来自分が一番気持ちよく過ごせる環境が、最高の環境だと思います。
ホコリが積もっていても平気。とりあえず押し入れに詰め込んで、またあとで片づけようと、のびのびになってしまう。来客があるから、慌てて片づける。汚れていても、死にはしないよ♪などは、どこか、自分の行動や心の状態と同じなんじゃないかと思います。
ただし、来客がこようと来まいと、変わらない人は、ありのままで、自由な人かもしれませんね(^-^)

そこで自分の心を観察してみると、まぁ~見事にも、「粗末にしているもんだ~」と驚きます。
書きだすとキリがないほど、あるんですね。早起き、家事、仕事だけを見ても…
我慢して当然だったり、いやでもしないといけないこと。もっと、こうしたいのに仕方ないな~なんてことだらけ…
でも、それらを楽しそうにやっている人もいるんですね。
「どこが違うのかな~?」
そういう人(楽しみながら出来る人)は、自分に自信があり、堂々としています。色んな事を楽しんでやっています。
その人の側にいると、自分まで楽しくなります。他人のことなどあまり気にしません。
きっと自分を好きでいるのだと思います。自分が喜ぶことをしっています。
それとは逆の心は、自分に自信がありません。色んなことをしても、心から楽しいとあまり思えない。他人の目が気になる。自分で自分を認められない分、誰か他の人に認めてもらいたいって思うんですね。
そして虚勢を張ってしまったり、つい自慢をしてしまったり、人目を気にする余り、自分のしたくないことまで無理して引き受けてしまったり、よく見せようとして無理に振る舞い、結局疲れ果ててしまうんですね。
本来は、一生懸命やった!と自分で認めている時は、人目って気にならないんですよね~。

じゃぁ~どうすれば、自分を好きになれるの?と思いますよね。
小さなことでも、やったあとに自分を褒めてあげるといいみたいですよ。それから感謝。
例えば、「毎日休まず会社に行く、俺えらいね~ よくやるな~ 好きだよ~」とか、「朝、冷たい洗濯物を干す私、がんばったね~」とか「家族のために出かけよう!俺ってやさしいな~」とか「うまく出来たよ!すごいね~!」なんてね。またそのあとに、「ありがと~」なんて付け加えると、とても効果があるみたいですよ!
そんなことで、自分を好きになれるの~?と思いますが、積み重ねが大事です。大人になるまでに培ってきた心を、すこしずつ納得させるのですから。いきなり「自分を好きになる」なんてことが出来れば、それは迷わずその方法を選ぶべきだと思いますけどね。ただし、一歩間違えれば、ナルシストですね(^^)
ありのままの自分を、好きになることは、とても大切なことだと思います。そして、楽で、楽しく生きていけると思います。
他人を幸せにするには、まずは、自分。でないと疲れてしまいますからね。














2010-02-09

宗医一体(便秘)

便秘で悩んでいたり、腸のトラブルで悩んでいる方は、結構多いようです。
私も、月に1~2度、1~2泊他府県にお邪魔するので、やはり環境が変わると、本来トイレに座るべき時間が変わってしまうので、出すべきものが出ないときがあります。
便が出ないのは、あまり気持ちがいいものではありませんね~

腸に排出されない便が溜まっても、次から次に口から食べ物を入れると、ところてんのように、上から押し出され、いつかツル~ンと便がでる!だったらいいんですけど、そう簡単にはなっていないようです。
出ることが出来ない便は、腸内で停滞し、腸の管の中で異常発酵や腐敗し、そのために産生された有毒ガスのための胃腸粘膜に異常が起こり、胃や腸に傷を負うことになります。傷を負った胃や腸は、本来出してしまうはずの物質も必要以上に体内に吸収してしまいます。例えば、分解されずに残った蛋白質やポリペプチドなどは、栄養素ではなく、アレルゲンとなります。しかしこれらが体外に排出されず、弱った腸などから体内に吸収されてしまうと、アトピー性皮膚炎が発症することになるようです。

そのほか、気管支ぜんそく、パーキンソン氏病、関節リュウマチ、がん…、脱毛症などまでもが、腸のトラブルに大きく関係していることがあるようです。

これらを改善するために、日々様々な医療が開発され、研究されています。
活性酸素を除去する食べ物、腸内環境を整える食べ物、薬、鍼灸、様々な療法…

しかしながら、私たちは、いつも「とりいれるもの」を探してきた傾向が強かったと思います。
「出すこと」にもっと目を向ける必要があることを、どこか忘れてしまっているような…

以前ブログに、「宝もの箱」と題し書いたことがあったと思うのですが、人間は「とりいれる」ことが、好きな動物だと思います。体にいいもの、得する情報など、嫌いな人はあまりいないと思います。私も大好きです。

でも、出さなきゃだめなようですよ~(^O^:)∥

では、出すために!ですが、出す前に、とりいれることを減らすことが先に必要になります。
出すことが追いつかないので、溜まってしまっているのですから。
回りくどい表現ですが、便秘だとしたら、食べる量が多いかもしれません。食べる量を見直してみることですね。
または、食べる時間。
お腹の中に食べ物が残っているまま寝ようとすると、上を向いて寝られないそうです。横を向いたり、うつぶせにならないと、寝にくいみたいです。些細なことですが、このようなことからでも、体が歪んでくる原因になりうるかもしれませんね。
食べ方、食べる量を少し見直す必要があると思います。

食べ物は、命ですから、お腹いっぱいに美味しいものをいただくことも幸せかもしれませんが、暴飲暴食は、環境問題を考えると、あまり地球によいことではなさそうです。
また、食べるための牛や豚を飼育するためには、多くの穀物になる餌を与えなければいけないそうです。あたりまえですが、沢山の肉を食べるために、沢山の穀物も食料と変化することになります。人間が肉をいただくためには、沢山の命が食となっていくんですね。

人間は、楽しみたいし、ほしいと思って生きている生き物です。
それらの欲を手放すことは、かなり強い意志が必要になってくると思います。なんか、宗教的な感覚に思うかもしれません。
しかしながら、体が今、悲鳴をあげている!メッセージを送ってきている!としたら、それこそ「宗医一体」の心で、健康に向き合うことが、改善の近道ではないかと思います。




2010-02-02

シンプルな思考

整体や気功と他に、癒しクリエーションのスタッフとして、「記述式内観」と題します、自己啓発研修を行っています。
記述式内観とは、簡単に言うと、心の中の大掃除です。
特に、潜在意識の領域に溜まってしまったネガティブな感情エネルギーや過去の嫌な思いのエネルギーなど、いわゆる、心のゴミを処理して、ポジティブな自己確立を目指す研修です。
人間関係のトラブル、親子関係のトラブル、自分自身の思考パターンの改善など、研修をお受けになる目的は様々です。手前味噌で恐縮ですが、結構目に見えて効果が表れるので、体験された方のなかには、やみつきになられる方もいらっしゃいます。自分の中にあったけど、気にとめていなかったような感情に気づいたり、発見したり… 内観前と内観後の自分の変化がわかれば、楽しいですからね~♪ 癒しクリエーション 内観研修 http://www.iyashi.com/in-naikan.html

まぁ、そのようなことをやりながらも、自分自身も日々勉強させていただいているのですが、人の心と言うものは、本当に複雑で、「ああだ!これだ!」と、はかり知れるものではありません。そもそも、人の心なんて大それたことよりも、自分自身の心すら、扱いに手を焼くほどですから(^^;)
でも、そんなことを通して思うのが、「シンプル」っていいな~。なんです。

自分の身の回りを見渡しても、テレビに映る誰かを見ていても、幸せに見える人、成功しているように思う人、自信を持って生きているような人、なんとなくプラスのエネルギーの強い感じの人って、すごく考えや行動が、わかりやすく、明確で、意志がはっきりしていて、至って思考が「シンプル」だな~って思うんです。
きっと、目標や目的に向かって、雑念(心のささやき)が少ないんですね。だから、目標や目的にたどり着きやすいんだと思います。
多くの場合、AとBを両天秤にかけてみて考えたり、悩んだり、散々考え抜いた結果、その日の感情でパッと決めちゃったり…、決めたにも関わらず、「やっぱ、Bの方が良かったかな~」なんて振り返ってしまったり。挙句の果てには、○○ちゃんがこう言ったから、Aを選んだんだけど、こうなった」なんて言っちゃたりすることも…
問題の原因は、Aを選んだからでもなく、Bを選ばなかったからでもないように思いますけどね。
自分で、選んだ結果に、間違いなんてホントは無い気がしますけどね~

まぁ、自分の心の中を観察してみたなら、随分と雑念(心のささやき)が忙しいことに気がつきます。
心のゴミ、ささやきが、次々来ると、忙しいし、しんどいですね~。あれやこれやと、とりこし苦労や、被害妄想にまでも発展したり…。
シンプルな思考は、楽で楽しく、自己実現の近道じゃないかと思います。





プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。