--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-23

散歩

今日は、家から5キロほどの所へ行くのに、歩いていきました。往復で10キロ歩けたかな~
時間があるときは、近くに行く際には、歩くように心がけています。
自転車に乗るよりも、歩くのが好きで、今の季節が一番心地よく歩きやすく思います。

今日は、いつもと違うルートを歩いてみました。
そこは、以前に夜1~2度、歩いたことがあったのですが、明るい時間に歩くことは初めてでした。
近畿大学の近くを流れる川沿いの道なのですが、車通りが少なく、歩きやすくなっています。
行き道は、景色をみながら、目的もありましたので、黙々と歩いていました。 
川には魚の群れが沢山泳いでいて、所々で亀が甲羅干しをしていました。
最近は、川を綺麗にするプロジェクトなどの効果で、水が少しずつ綺麗になっているように思います。
一昔前では、鼻が曲がるような臭いがしたので、川沿いは、あえて避けていましたが、元気に泳いでいる魚の群れを見ると、「春かな?」と錯覚するような、ポカポカ気持ちのいい希望さえ感じられるような景色でした。(単純(^^;))

帰りの道では、舗装されたアスファルトが、少し特殊な光沢のある石のようなものが、細かく配合されている感じで、道路がピカピカと光っていました。来るときには全く気がつかなかったのですが、遠くまで続く道に目をやると、ずぅ~っと先の方まで、海面のようにキラキラと輝いていました。
太陽が反射して、ある種の石が光っている感じでした。
「来るときも、この道を通ったのに、気がつかなかったな~。前に通ったときは、夜だったしな~」なんて思いながら、しゃがんで光の元の石をじっと見てみました。
最初は貝殻かな?なんて思ったのですが、透き通った石のようでした。

単なる道の、単なる石の欠片ですが、太陽に照らされることによって、キラキラ☆ と輝いていました。
光に照らされないと気がつきませんでした。
そして、周りの石は、アスファルトに似た黒い石でした。
全体を見ると、黒い道でした。でも、光に照らされると、黒い石や透き通った石が交じり合って、道を作っているのでした。

光に照らされて、光ることに気づき、闇を知って、光ることに気づき、反対の色の中に交じることによって、個々の特色が生かされる。

人間もそうかもな~って思いました。

人間は1人1人が、「光だ!」ってことを、しばしば聞いたりしますが、自分の手を見ても、足を見ても、体を見ても、鏡を見ても、「はて? どこが光ってんだ?」って感じですが(^^;)…

照らされていないと光れない!と、嘆くのは他人任せで、不安ばかりを抱くことになりますし~
本当に「光」だとしたら、暗闇でも、照らされる場所でも関係なく、自分が「光」であると、信じて生きたいものです。結局、自分の歩む道は、己の中から湧き出るエネルギーの方向や強さや様々な個性によって導かれていくものですから、人間は「光」といえるかもしれません。

良い悪いは抜きにして、交じりの無い石がよく光るように思います。
光がよく通り抜けるように、自分の「心」も、お掃除せっせとしなくては (^-^;と、思いました。












スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。