--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-17

薬草入浴法

お風呂に、ゆ~っくり入りたい季節になりました。
少し前までは、半袖でも汗ばむ日もありましたが、ここ最近はめっきりお風呂が楽しみになりました。
我が家では、お風呂にアロマオイルを数滴たらせてみたり、ビタミンCを入れてみたり、薬草を入れたりして、水道水の塩素を和らげる工夫をしています。
お風呂好きな方は、みなさん色々な方法でお風呂を楽しんでいらっしゃいますね(^-^)♪

さて今日は、我が家の薬草風呂を紹介したいと思います。
以前に人から教えていただいた方法なのですが、「アトピー性皮膚炎」にいいということで、始めました。今では、家族に皮膚の弱い人間はいないのですが、以前、このお風呂に入ることで、アトピーがかなり楽になりましたので、冬場のかさつきやすい季節には、この薬草風呂に入ることにしています。

まず、薬草入浴剤の材料ですが、「よもぎ」「ジオウ」「トウキ」です。あと、それを入れるための、お茶パックより大き目の、だしパックを使います。

ヨモギ                 
よもぎ
漢方では、消炎、収れん、止血、止潟、温経薬などとして、腹痛、下痢、止血、下血、月経不順、子宮出血、胎動不安、慢性肝炎、慢性気管支炎、細菌性下痢、マラリアなどに利用されています。
「もぐさ」と呼ばれ、灸に使われます。
薬理作用
止血作用ヒスタミンの毛細血管透過性を抑制、殺菌、抗菌作用、鎮痛など

ジオウ
ジオウ
特有の強い芳香があります。
そのままの(生地黄)、乾燥したものを(乾地黄)、乾地黄を酒と一緒に蒸し器に入れて、黒色になるまで蒸し、乾燥させたものを(熟地黄)などがある。 日本では、乾地黄(ジオウ)をよく用いる。
止血、利水薬、補血、強壮、強精、解熱薬とし、発熱、陰虚、糖尿、吐血、月経不順などに用いる。
薬理作用
血糖降下作用、血液凝固の抑制作用、利尿作用、緩下作用。
血液、水分代謝、循環障害に関連する諸症状に適応。

トウキ
touki
強い芳香がある。
根を湯通しして乾燥させたものを当帰(トウキ)と呼ぶ。
貧血、冷え性、月経異常、不妊症、血の道、四肢、腰部の冷痛、更年期障害、ヒステリー、頭痛、不安などの薬として用いられる。
薬理作用
中核抑制作用、解熱鎮痛作用、血液凝固抑制作用、抗炎症作用、免疫割活作用

①これらの薬草を、それぞれ5グラムずつ、だしパックに入れます。
②ホーローのやかんにを1.5~2リットル入れて、薬草パックを入れる。
③強火で沸騰させてから、とろ火で30分。
④③を風呂の湯に入れて混ぜる。

アトピーの方は、ぬるめ(40度以下)にして、5分以上つかるのがいいらしいですよ。
最近では、アトピー断入浴法と言うことも耳にしますが、入浴後の乾燥や、菌の繁殖を防ぐためじゃないのかな~
うちの母は、冷え性で、冬になるとトイレが近くなりますが、このお風呂にはいると、体が温まり、眠りやすく、トイレも順調になるそうです。
アトピーじゃない方ももちろん、赤ちゃんも大丈夫だそうです。水虫やヂにも良いらしいですよ!

「冷え」は、美容にも、健康にも大敵ですから、これからの季節「冷え対策」準備しなくては(^O^)!
心も身体も温かく、めぐりを良くして、生きたいですね~。










スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎
ジャンル : 心と身体

プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。