--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-27

入り口はどこ?

「悩み」は、どこから来るの~?
入り口は?

人は、生きていると「悩む」という現象に、幾度も遭遇する。
一体、どこからやってくるのかな~?
今の「悩み」を、年代別にインタビューしてみた。
80歳代のあるおばあちゃん→長生きしても、家族に迷惑をかけることが悩み。
70歳代のあるお父さん→小学生のときに、野球の球が耳に当たったっきり、聞こえが悪く、年々、歳とともに、あまり聞こえない。若いときから「人の話を聞いていないのか?」と叱られたりしてきて、コンプレックスになっている。
60歳代のあるお母さん→おばあちゃんの介護に関しての兄弟とのトラブル。
50歳代のあるお父さん→商売の先行き。
40歳代のあるお母さん→家計や経済。
30歳代のあるお母さん→産後に太り、やせたい。
20歳代のサラリーマン→上司と馬が合わない。
10歳代の少女→にきびを治したい。服がほしい。
小学生→お化けが怖い。
幼稚園児→お母さんがよく怒る。
幼児→「悩み」の意味がわからない。

ありがちな「悩み」でも、自分にとっては切実。
でもこれらの「悩み」に共通しているのは、ある「理想」対して抱かれていることだと思いました。
自分の心の中にある「理想」の像があり、それに「現実」を重ね、また「理想」「現実」との距離を埋めるための作戦が「悩み」ではないかと…

また、日常におけるトラブル(家族間、夫婦間、友達間、親子間、会社、近所…)は、どこから来るのか?を考えてみると、「見猿、聞か猿、言わ猿」を思い浮かべます。
「聞いてさえいなければ…」
「見ていなかったら…」
「言ってなかったら…」
実際に身近に起きたトラブルを重い浮かべても、大抵この3つがなければ、「トラブル」になっていなかったことが多いように思います。昔の人は、上手く例えたな~と感心します。
では、「トラブル」や「悩み」の入り口は、目?口?耳?
可能性は大だと思います。
でも、同じ事を見たり、聞いたりしても、「悩み」になる人と、ならない人がいますよね。
それは、入り口から入った情報を、ある機関が「悩み」という現象に変換しているんですね。
その機関は、「心」ではないでしょうか?
「心」が情報を→「悩み」に変換する。
または、「心」が「悩み」に変換しない。他のものに変換する。単なる情報として変換する…などです。
変換機能が、「悩む」or「悩まない」どちらに変換させるかは、人によってそれぞれですが、この変換機能は、生命が母体に宿ったときから、出産、成長をへての段階で大部分が、培われていくようです。思考を司る神経回路です。
変換機能が思わしくない方は、物事をネガティブに考えがちです。マイナス思考です。
また、機能が、理想的に働けは、プラス思考になります。
現代では、この変換機能を改善する様々な方法が、開発されています。
その1つに、「内観」と言う方法があります。
出来れば、プラス思考で、楽しく生きていきたいですね~。


















スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

プロフィール

そわか

Author:そわか
大阪で、気功、整体、内観研修を行っています。
現代人に多い、ストレスや、自律神経に焦点を当て、心と身体の両面からアプローチする方法で、日々施療を行っています。
また、記述式内観という方法で、トラウマや人間関係や子育てにおける悩みの部分を解決するべく、本来の自分らしさを取り戻しポジティブに生きるといった研修を行っています。
2人の娘を持つ、ママヒーラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。